貸事務所を借りるポイント|働きやすさを追求しよう

事務所の選び方がある

社内

空調設備が重要

東京にある賃貸オフィスを利用する時、見ておく部分はたくさんあります。その中でも空調設備は最も重視するところいえるでしょう。仕事をするオフィスの天井には空調設備が設置されていて、温度調節をして快適に仕事できる環境を作ります。しかし空調設備から異臭がする場合は仕事に支障が出てしまうため、気をつけないといけないです。東京の賃貸事務所を内覧するときは靴調節日もしっかり見ておきます。中には空調のないオフィスビルもありますが、換気をしていてしっかりと快適な環境を作っているのであれば評価は高まるのです。来訪者にとっても良いイメージを与えられるので、賃貸事務所を利用する際は面積だけでなく空調設備環境も確認しましょう。

事業が継続できる確認する

東京には数多くの賃貸事務所がありますが、各物件で設備に大きな違いがあります。特にBCPはかなり重要な要素です。BCPは大震災になった時に事業を継続できるかどうかであって、事業継続の全般を表す言葉になります。耐震性がしっかりしている賃貸事務所や、ライフラインが整っているところは安全に事業計測できる可能性が高まります。日本では新耐性として昭和56年ごろに建築確認済証が交付された物件が登場したのです。東京の賃貸事務所を利用するときはどの時期に建てられたものなのか確認しておきましょう。昭和56年6月以降の物件であれば安心して利用できます。自社の事業にはどんなBCPが必要なのか調べてから物件を選ぶのです。